「未冷凍浜茹で毛ガニ」をチルドで発送してくれるカニ通販はここ!

北釧水産

浜茹で毛ガニとは

浜茹で毛ガニとは水揚げされたカニを漁港にある釜や近くの加工工場で即時に茹で上げた毛ガニのことをいいます。浜茹で毛ガニは獲れたばかりの新鮮なカニをすぐに茹で上げるので、うまみを残したまましっかりと味わうことができます。

浜茹でという言い方は、昔は獲れたカニなど海産物を浜に置いた巨釜で茹でたからだといわれていますが現在は工場内で茹でられています。

浜茹でされた後の処理は二通り

浜茹でされた毛ガニはその後、急速冷凍されるカニと未冷凍の状態で当日中にチルド(冷蔵)便で発送されるカニとに分けられます。分けられるとはいってもほとんどは保存のきく冷凍毛ガニとして処理され、浜茹で未冷凍の毛ガニを当日中に一年中発送している会社は多くありません。一年を通して浜茹で毛ガニを発送している会社のひとつに蟹専門会社の北釧水産があります。

北釧水産の朝茹で未冷凍の毛ガニ

未冷凍浜茹で毛ガニのメリット

  • 獲れたばかりの新鮮な毛ガニをすぐに食べられるので美味しい

冷凍されない浜茹で毛ガニのメリットはとにかく美味しい、この一言につきます。特に毛ガニはカニ味噌が美味しいのですが冷凍されていないものがおすすめです(冷凍毛ガニは解凍したつもりでもカニ味噌が溶けきっていなかったりすることがある)。またカニ茹でのプロが塩加減の調整をするので一番おいしい状態で食べられます。

未冷凍浜茹で毛ガニのデメリット

次に未冷凍の浜茹で毛ガニにデメリットはあるのかというと次のような点が挙げられます。

  • 保存がきかない
  • 一度茹でられているのでカニ鍋や焼きガニなど再加熱する調理法には向かない

冷凍されていない浜茹で毛ガニはチルドで送られますが消費期限(賞味期限ではない)は到着日含めて2日程度になります。また沖縄や離島など輸送に日数のかかる地域からは申し込めません。

冷凍する、しないに関わらず浜茹でされた毛ガニは再加熱する調理法には向きません。これはすべてのカニに言えることですが浜茹でに時点でカニの旨味はある程度出てしまうので再加熱すると二度旨味が出るという理由によります。またカニ身もパサパサになってしまいます。

「流氷明け毛ガニ」の時期は未冷凍毛ガニを取り扱う会社が増える

最も美味しいとも言われる流氷明け毛ガニ。3月下旬、春の訪れとともに流氷に閉ざされていたオホーツク海に毛ガニのシーズンがやってきます。この時期には普段は冷凍毛ガニしか取り扱っていないカニ通販でも未冷凍の毛ガニを取り扱うところがあります

おすすめの毛ガニ通販のかにまみれでも4月~5月頃限定で「3特」「4特」限定の堅蟹を未冷凍で取り扱っています。この時期最高の毛ガニ通販かもしれません。また他にも多くのカニ通販会社がこの時期には未冷凍の毛ガニを扱っています。

「流氷明け毛ガニ」とは

流氷明け毛ガニは流氷に閉ざされたオホーツク海の下で、流氷が運んできてくれた良質なプランクトンを餌にし、厳しい冬の間にたっぷりと栄養を蓄えたオホーツク産の毛ガニです。タップリと詰まった甘いカニ身と深いコクのカニ味噌が特徴です