焼きガニにおすすめのカニは?

カニの調理方法にはいろいろありますが一番美味しいカニの調理方法って何だと思いますか?人によって答えは違うと思いますが私は焼きガニが一番だと思っています。

焼きガニにはタラバガニがおすすめです

焼きガニにはタラバガニがおすすめです。なんといってもタラバガニはサイズが大きいため食べ応えがあります。またカニの身入りもよいです。ただタラバガニの味はズワイガニに比べて淡泊なので濃厚な味を好む方はズワイガニがよいかもしれません。このあたりはその人の好みによるところでしょう。

焼きガニには茹でガニを使ってはいけない

通販で売られているカニは茹でガニ(ボイルしたカニ)も多いですが焼きガニには茹でガニを使ってはいけません。茹でガニは一度熱処理をしてあるので焼きガニにするとカニ身がパサパサになってしまいます。「生タラバガニ」とある商品を買うようにしましょう。

茹でていないタラバガニには活カニと生カニの2種類がある

ボイルされていないタラバガニには生きた状態の活カニと茹でずに冷凍された生カニの2種類があります。ただタラバガニのほとんどはロシアやアラスカから輸入されたものなので活カニの流通量は極めて少なく高額です。通販で取り扱っているのはほとんど茹でタラバガニか冷凍の生タラバガニになります。

姿タラバガニを買うメリットはほとんどない?

タラバガニは大型のカニなので姿ガニは迫力があり贈答用には向いているかもしれませんが、家庭で焼きガニを楽しむにはおすすめできません。

  • 姿ガニは値段が高い
  • タラバガニのカニ味噌は食べられない

の理由があげられます。

タラバガニは肩と脚のカニ身しか食べられません。ズワイガニや毛ガニの場合はこれ以外にカニ味噌も食べられるので姿ガニもありですがタラバガニのカニ味噌は食べられません(溶けやすく流れ出し、カニ身を汚してしまうので出荷前に取り除かれています)。またタラバガニの2肩脚を買うよりも同じ重さの姿ガニを買う方が値段的に高いといってよいでしょう。このことから自宅で食べる分には姿タラバガニを買うメリットはほとんどありません。

焼きガニには肩脚タラバがおすすめです。

焼きガニにはカニポーションもおすすめだがポーションではなくハーフポーションを

カニポーションはカニの殻を剥いたものなので調理しやすくカニ身を食べるのには向いていますが焼きガニには向いていません。理由はポーションを焼きガニにするとカニの旨味がそのまま下に流れ落ちてしまいます。でも姿ガニを一から調理するのも面倒ですよね。そこで登場するのがハーフポーションです。

ハーフポーションは殻が半分ついているので殻側を下に焼けば器の役割を果たしてくれます。またカニ身が鉄板に焦げ付くこともありません。

焼きガニにはハーフポーションがおすすめです。

焼きガニにカニの濃厚な甘みを求める人にはズワイガニもおすすめです

ズワイガニはタラバガニよりもサイズ的に小さくなりますが、カニ身は甘みがあって風味も濃厚です。また値段もタラバガニほどは高くありません(ブランドガニなど例外はあります)。ズワイガニのカニ味噌は美味しいので好きな人には姿ガニでもおすすめです。

何故焼きガニが一番美味しいのか

焼きガニの美味しい理由は「焼くことによってカニ本来の旨味が凝縮される」ということです。これにつきます。プルンとした甘いカニ身を少々の塩だけで焼き上げる。香ばしいカニの匂いがたまりません。

鍋にすることの多いカニ料理ですが鍋料理って素材そのものの味よりも出汁の味が前面に出てしまいます。それが悪いというわけではないのですがカニ本来の旨味を味わいたいのならカニそのものを味わえる焼きガニが一番ではないでしょうか。また鍋にするとカニの旨味が流れ出てしまいます。もっとも流れ出たカニの旨味で鍋は美味しくなるので鍋には鍋の良さがあるのですが。